女性

婦人科形成で膣の縮小施術を受けるべし|悩み無用です

いろいろな縮小方法

ソープ

膣の縮小方法には、切開手術やLVRなど、様々な方法があります。切開手術を検討している方は、婦人科整形へ行きましょう。切開手術の具体的な目的は、広がってしまった膣を半永久的に引き締めるというものです。その際、患者側から医師へ「このような状態にしたい」という希望を伝えられます。何かしらの希望や疑問点などを持っている方は、そこでしっかり尋ねておきましょう。切開手術における所要時間は、約1~3時間程度です。日帰りとなるケースがほとんどなので、土日のどちらかに受ければ、翌週から問題なく仕事を始めることができるでしょう。術中に使用する麻酔は、静脈麻酔や局所麻酔です。ちなみに、手術後1週間程度膣から出血が続いたり、排便時にちょっとした痛みが生じることがあります。程度がひどかったり、1週間経った後も続くようであれば、手術を受けた病院に相談に行きましょう。

膣の縮小手術と言うと、世間一般的には切開手術が認知されていますが、他にもいくつかの方法が確立されています。その1つに、「LVR」という方法があります。これは女性器専用に作られた特殊なレーザーを使った方法で、膣全体の引き締めや若返り効果などが得られるという特徴を備えています。切開手術に比べ出血量が少ないという特徴も持っています。大きなメリットとして、他の組織にダメージを与える可能性が少ない、という点があります。ただ、今現在このLVRが受けられる病院は数えるほどしかありません。レーザーによる膣の引き締め手術を行なえる医師が、日本にはまだ数名しかいないからです。LVRによる膣縮小を検討している方は、インターネットで情報を仕入れ、受けられる病院を探すことから始めてみましょう。